not all who wander are lost

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Homerと白頭鷲

Homerは一部が砂嘴になっていて、そこが一番賑わっています。
ここはオヒョウ釣りの世界的メッカで、ほとんどがチャーター屋さん。
一日$125くらいだから、かな〜りお得だと思います。
もうちょっと日数取れれば釣りもしたんだけど、
次の就職口となるかも知れぬN社が面接に来い来い攻撃をしてきたので
無期限旅行と言う訳にもいかなくなってきました。
それはそうと、ここは白頭鷲の個体が多く、期待通りあっちこっちで目撃。

Homerはこんな感じの街。
f0254240_8363513.jpg

丘から見たHomerの街。
f0254240_837141.jpg

砂嘴になってる部分が一番の繁華街。
f0254240_8373819.jpg

f0254240_8383763.jpg

f0254240_838551.jpg

f0254240_83971.jpg

で、いましたよ。
白頭鷲。
見つけるたびにストーカーのように追いかけました。
f0254240_8394221.jpg

f0254240_83955100.jpg

f0254240_840554.jpg

f0254240_8402597.jpg

f0254240_8403775.jpg

f0254240_8411185.jpg
f0254240_841051.jpg
f0254240_8405254.jpg

f0254240_8412241.jpg

うん、もうこれだけ見たらお腹いっぱいだ。
一日でくれくらい見れたんだから、数日いたらいい写真が撮れただろうな。
しかし都合の悪いことに超望遠レンズが欲しくなってしまった。
無職のオレが欲しがるモノじゃありません。
困りました。
しかし白頭鷲はマジェスティックで美しい!
シアトルにもいるんだけど、やっぱ本場アラスカでしょう。
by blogpost | 2011-07-30 11:54 | 自然・景色

アラスカの何気ない景色

Sewardを後にして、キーナイ半島南部のHomerへ向けてレッツゴー!
するとその途中でグリズリーの親子を発見!
もうマジで感動です。
もう「食われてもいい!」とさえ思う(もちろん嘘)。

f0254240_8171933.jpg

なんかお母さん熊が子熊に川の渡り方を教えてる感じなんですよ。
ちゃんと丸太の上歩いてるし。
子熊は何度か落ちてたけど。
f0254240_8175581.jpg

そして夕暮れ。
息を飲む美しさ。
これはAnchor Pointと言うところから西を見ています。
カトマイの方向です。
f0254240_8202010.jpg

f0254240_8203164.jpg

f0254240_8204424.jpg

f0254240_821028.jpg

f0254240_821123.jpg

いや、参った。
ここで白頭鷲でも飛んできてくれれば良かったんだけど。
で、Homer到着です。
f0254240_8214336.jpg

f0254240_8224218.jpg

f0254240_8225315.jpg

Homerでは沢山の白頭鷲が見れるので、楽しみです。
by blogpost | 2011-07-28 19:19 | 自然・景色

Seward / Kenai Fjords National Park

デナリ国立公園の次は、何かしてキーナイ半島のSewardへ。
ここは小さい港町で、ここで一泊して美味しいものを食べたあと
次の日船に乗って氷河や野生動物を見ました。

Sewardに到着。
f0254240_863420.jpg

f0254240_865435.jpg

取りあえず朝はラテで一日が始まる。
f0254240_872544.jpg

ここが港です。
ここで「TANAINA号」に乗ってレッツゴーです。
f0254240_875331.jpg

f0254240_88330.jpg

f0254240_881583.jpg

f0254240_88275.jpg

この辺の海には色んな動物がいるんですよ、ホントに。
そしてそのほとんどを見る事ができました。
f0254240_89125.jpg
f0254240_885874.jpg

f0254240_893084.jpg

ここはAialik氷河。
カヤックした〜い!
f0254240_8103885.jpg
f0254240_8102015.jpg
f0254240_8101351.jpg

f0254240_8105678.jpg

このツアーは最高でした。
アラスカ旅行のハイライトのひとつになりました。
お勧めです。
by blogpost | 2011-07-28 16:35 | 国立・州立公園

Hope, Alaska

アラスカ・キーナイ半島にあるHopeと言う場所をドライブしました。
ニューヨークに住むアラスカ出身の友人に、
携帯電話で道を案内されながらのドライブです。
そうじゃないとこんな訳分からないとこ自分達では来れません。
便利な世の中です。
それにしても素晴らしい景色でした。

f0254240_7592591.jpg
f0254240_7591895.jpg
f0254240_759974.jpg
f0254240_759345.jpg

by blogpost | 2011-07-27 15:22 | 自然・景色

Denali National Park

さて、アラスカ州アンカレッジの北に位置する
デナリ国立公園。
ここは一般車両は入れません。
かならずバスでの見学になります。
あくまでも「自然」の中に「人間がお邪魔する」と言うスタンス。
非常に正しい心構えだと思います。
この公園内は自然がほぼ手つかずの状態で保たれていて
カリブーの亡骸を見た時は
生きるドラマを目の当たりにして感動しました。

f0254240_7533957.jpg
f0254240_7533153.jpg
f0254240_7532190.jpg
f0254240_753119.jpg
f0254240_753423.jpg
f0254240_7525649.jpg
f0254240_7524853.jpg
f0254240_7523926.jpg
f0254240_7522771.jpg
f0254240_7521985.jpg

by blogpost | 2011-07-26 09:48 | 国立・州立公園

アラスカまでの道のり

会社を辞めたボクは余った時間を利用して
シアトルからアラスカまでクルマで旅行することにした。
古くからの友人を文字通り道連れにして、片道4日半の長旅に。

シアトルからカナダ国境までは2時間半。
そこから10時間くらい運転して、ブリティッシュコロンビア州中部の
Prince Georgeという街で一泊。
ここを過ぎると文明から徐々に遠ざかります。
そして道中我々を楽しませてくれるのは‥‥
森のクマさん達。

f0254240_7322557.jpg

道端でお花を食べているので、気を付けて運転しないといけません。
f0254240_734289.jpg

2日目のドライブは、もうすでに大自然の中。
f0254240_7352467.jpg

f0254240_7355714.jpg

何故か突然馬が当然のように何かクレクレ攻撃。
リンゴあげたら美味しそうに食べてました。
f0254240_7403950.jpg

f0254240_736787.jpg

f0254240_736383.jpg

f0254240_7385088.jpg

2日目の夜は疲れた頃に宿が無かったので、景色の良い湖のほとりで
車内泊することに。
野郎2人で狭い車内で寝るのは色気がないけど
贅沢は言えない。ってか、こういうのキライじゃない。
でも相棒は全然寝れなかったみたい。
f0254240_738464.jpg

次の日もとにかくひたすら北上。
道は長い!景色も凄い!
f0254240_74053.jpg

f0254240_742501.jpg

ブリティッシュコロンビア州を過ぎてユーコン準州(もう州でもない)に入ると
本当に北米の大自然と言う感じで、圧巻です。
インディアンはこう言うところを自由に駆け回ってたのか〜。
でっかいな〜。
f0254240_7435778.jpg

f0254240_7441246.jpg

f0254240_7443643.jpg

いよいよアラスカです。
by blogpost | 2011-07-23 19:30 | 自然・景色

母と娘


f0254240_1552832.jpg

by blogpost | 2011-07-05 16:03 | スナップ