not all who wander are lost

カテゴリ:自然・景色( 89 )

野鳥撮影

気持ちよく晴れたので、自宅から北へ90分くらいの場所にあるスカジットバレーまで足を伸ばしました。ここは様々な野鳥を見れる場所で、多くの写真家が訪れる場所です。XF100-400mmにはまだ全然慣れていないので、野鳥を撮る練習をしました。

こんな感じの場所です。愛車と白鳥と山をパチリ。

f0254240_15054930.jpg

f0254240_15063645.jpg
f0254240_15064177.jpg

f0254240_15073953.jpg

f0254240_15074022.jpg

f0254240_15095555.jpg
f0254240_15100433.jpg

f0254240_15105223.jpg
f0254240_15110350.jpg
f0254240_15105285.jpg

f0254240_15131346.jpg
f0254240_15130050.jpg

f0254240_15150882.jpg
f0254240_15152894.jpg
f0254240_15155326.jpg
f0254240_15160643.jpg
野鳥撮影は難しいです。 歩留まりが低いですね。私はまだ超望遠撮影に慣れていないので、ピント合わせだけでも非常に苦労しました。また、静止した被写体でもピントが来ない時があって、これはOISのせいなのか、精度の問題なのか、まだわかりません。色々試す必要があると思います。

ミラーレスで超望遠レンズで野鳥を追う、これは撮影してみるとわかりますが結構大変です。特にミミズクなど夕暮れに飛ぶ鳥を追う場合、外が暗くなってくるとEVFがコマ落ちしてラグを生じます。ピントが合っているのかも確認しづらいですし、やはりピント合わせは難しいですね。野鳥撮影は、まだまだ一眼レフが理想だと思います。

とは言え、X-Pro2とXF100-400mmで重量は2キロを切りますから、半日ぶん回していても全く苦になりませんでした。もっと練習したいと思います。

ちなみに基本的にシャッター速度は1/1,000、ISOは最高3200のオートです。

おまけ。
f0254240_15220244.jpg
鳥かと思ったらFA/18でした(笑)アメリカならでは。


by blogpost | 2017-01-05 15:25 | 自然・景色

陰影

f0254240_19183012.jpg
f0254240_19182946.jpg
f0254240_19183071.jpg
f0254240_19191944.jpg
f0254240_19191903.jpg
f0254240_19191847.jpg
f0254240_19195244.jpg
f0254240_19195371.jpg
f0254240_19203258.jpg

by blogpost | 2017-01-03 19:23 | 自然・景色

X-Pro2とXF100-400mmで白鳥を試写

元日から写真撮影です。近所に沼地があり、この季節水鳥が多く訪れるので試しに訪れたら白鳥の群れがいました。年末に購入したXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRですが、まだ慣れていないのでX-Pro2にくっつけてお勉強です。
f0254240_13431187.jpg
f0254240_13431104.jpg
f0254240_13431253.jpg
f0254240_13431239.jpg
撮影データは1/1,000、ISO 2000、F8で、AF-Cはゾーンモード。OISはシャッタースピードを1/1,000に設定したのででOFFで良かったのですが、ONのままでした。上記作例はトリミング無し、リサイズのみです。

X-Pro2でAF-Cを使ったのは初めてだったのでゾーンモードを試したのですが、ワイド追随モードの方が良かったのでしょうか。でもゾーンモードでも時計回りに旋回した白鳥の群れを撮影するのに一コマもピントを外さなかったのは驚きました。ちなみに連写は3FPSで。

ミラーレスもここまで来たのか〜、と感慨深いです。月末日本に帰るので北海道まで足を運んでタンチョウヅルでも撮ってみようかなぁ。

by blogpost | 2017-01-02 13:51 | 自然・景色

ペルセウス座流星群

今年は当たり年ということで、友人連れてレニア山へ。カメラは自動撮影にして夏の天体ショーを楽しみました。この写真はその中で偶然撮影できた火球です。14mmのレンズなので小さく見えますが、肉眼ではド迫力でした。
f0254240_22072021.jpg
f0254240_09075907.jpg


by blogpost | 2016-08-13 22:07 | 自然・景色

Fujifilm X70でハイキング

日曜日の朝、仲の良い友人ファミリーと近所の森までX70をぶら下げてハイキングに行きました。
f0254240_7363240.jpg

この森には朽ち果てたバスが放置してあります。このバスは昔ここの森にきこり達を送り迎えする為に使われていたのですが、どういう理由か横転してそのままにされたようです。
f0254240_7384411.jpg

f0254240_739238.jpg

この辺には大きな岩がゴロゴロしていて、苔に覆われています。温帯雨林ってやつですね。雨が降ると苔から滴が垂れて美しいです。
f0254240_7395936.jpg

f0254240_7411524.jpg

雨林らしくカタツムリやナメクジもたっくさんいます!特にナメクジは日本では考えられないようなサイズ感なので、犬の落し物に見えるんですよ〜
f0254240_7415134.jpg

今日嬉しかったのはコレ!フクロウを見ることができたんです。フクロウは大好きなので、たまに森で見かけるとテンションアップです。でもX70は28mmなのでちょっと残念でした。
f0254240_7423014.jpg

JPEGオンリーになりますが、50mmのデジタルズームで撮影。超逆光だったので露出は+3ev。まあブログに掲載程度ならいいかな?って感じですけどね。光線の具合があまりよくなかったのですが、フクロウはカメラ目線になるので面白いです。知能高そう。
f0254240_7434282.jpg

f0254240_74501.jpg

Fujifilm X70はハイキングの相棒としてはなかなかいいです。軽くて小さいというのが最大の武器ですね。接写もできますし、絞りを開ければ背景をぼかした写真も撮れます。首からはX70、フクロウなどの動物に出くわした時に撮影できるように望遠レンズ付けたX-Pro2をバックパックにでも忍ばせておけば完璧かも知れません。次はそうしよう!
by blogpost | 2016-07-18 07:51 | 自然・景色

森の撮影

写真には「正解」と言うものはありませんが、森の中で撮影する場合はコツがあります。まず森の中と言うのは一面「緑」なので、カメラのホワイトバランス設定を「AUTO」にしておくと、カメラは勝手にマジェンタ(緑の反対色)を強くして補正しようとします。そうすると森のみずみずしい緑が何とも冴えない色になってしまうんです。下の写真は「AUTO」で撮影した作例です。
f0254240_942167.jpg

肉眼で見る実際の色と比較すると何とも残念な写真です。これはカメラが「世界がやたらと緑だ!」と判断してマジェンタを強調してしまうので、緑が中和されてしまうからなんですね。また、木の幹見ると分かるのですが、赤っぽいですよね。これはマジェンタが強調されて、グレーに近い色である幹が赤かぶりを起こしてしまっているからです。そこで、撮影前にホワイトバランスは必ず手動でセットしておきます。基本的には液晶と実際の景色を比較しながら一番近い色になるようにホワイトバランスを調整すればOK!下の作例はホワイトバランスを「5000K」に固定したものです。時間帯によって最適な設定は変わるので、常に液晶と周りの景色とのにらめっこです。
f0254240_942319.jpg

これで見た目に限りなく近い色に再現できました。森の中の撮影のコツは、基本的にはこれだけです。あとは好みの露出でイメージ通りの写真を撮るだけ。個人的には少し露出を絞った写真が好きです。
f0254240_947214.jpg

f0254240_9473834.jpg

f0254240_9491628.jpg

by blogpost | 2016-07-03 11:04 | 自然・景色

雨季到来

今夜はハロウィーン、なのに昨日から風が強く雨も容赦ありません。小さなお化けがびしょ濡れにならないか心配でしたが、シアトルの子供は雨が降って何もしないとなると本当に何もできないので、負けずに trick or treatに来てました。

写真は昼間撮った景色。雨季は滝が大変なことになります。川も増水して、水が濁ってます。この川はすぐ氾濫するので、あまり降ると心配です。ちなみに90年代初頭のテレビドラマ「ツインピークス」の舞台です。2017年に続編が出るらしいですね。
f0254240_13584741.jpg

f0254240_13585941.jpg

by blogpost | 2015-11-01 14:00 | 自然・景色

森の主?

この辺の森に、必ずいるアイツ。そう、この写真の主役はキノコじゃなくて、その下のでっかいナメクジさん。シアトルの森にいるナメクジは、半端なく大きいです。ナメクジさんが怖くて私の奥さんは森に入りません(笑)
f0254240_9383258.jpg

by blogpost | 2015-10-29 09:39 | 自然・景色

雨季の前の晴れの日

もうすぐ11月です。シアトルは年間を通して11月が最も降雨量の多い月です。11月は一度も晴れないことも珍しくありません。今日は晴れたので、記念にパチリ。
f0254240_1343236.jpg

by blogpost | 2015-10-28 13:43 | 自然・景色

山火事

先週はワシントン州とカナダの国境辺りで規模の大きい山火事が発生していて、シアトルも煙に包まれました。この辺りは空気の透明度が高いので夕陽でも肉眼で見るには眩しすぎるのですが、山火事の日はフィルターがかかったようになって、日本で見れるような美しい夕陽になります。珍しいので、女子高生も丘に上がって眺めていました。
f0254240_2443998.jpg

f0254240_245745.jpg

by blogpost | 2015-09-01 02:46 | 自然・景色