not all who wander are lost

野鳥撮影

気持ちよく晴れたので、自宅から北へ90分くらいの場所にあるスカジットバレーまで足を伸ばしました。ここは様々な野鳥を見れる場所で、多くの写真家が訪れる場所です。XF100-400mmにはまだ全然慣れていないので、野鳥を撮る練習をしました。

こんな感じの場所です。愛車と白鳥と山をパチリ。

f0254240_15054930.jpg

f0254240_15063645.jpg
f0254240_15064177.jpg

f0254240_15073953.jpg

f0254240_15074022.jpg

f0254240_15095555.jpg
f0254240_15100433.jpg

f0254240_15105223.jpg
f0254240_15110350.jpg
f0254240_15105285.jpg

f0254240_15131346.jpg
f0254240_15130050.jpg

f0254240_15150882.jpg
f0254240_15152894.jpg
f0254240_15155326.jpg
f0254240_15160643.jpg
野鳥撮影は難しいです。 歩留まりが低いですね。私はまだ超望遠撮影に慣れていないので、ピント合わせだけでも非常に苦労しました。また、静止した被写体でもピントが来ない時があって、これはOISのせいなのか、精度の問題なのか、まだわかりません。色々試す必要があると思います。

ミラーレスで超望遠レンズで野鳥を追う、これは撮影してみるとわかりますが結構大変です。特にミミズクなど夕暮れに飛ぶ鳥を追う場合、外が暗くなってくるとEVFがコマ落ちしてラグを生じます。ピントが合っているのかも確認しづらいですし、やはりピント合わせは難しいですね。野鳥撮影は、まだまだ一眼レフが理想だと思います。

とは言え、X-Pro2とXF100-400mmで重量は2キロを切りますから、半日ぶん回していても全く苦になりませんでした。もっと練習したいと思います。

ちなみに基本的にシャッター速度は1/1,000、ISOは最高3200のオートです。

おまけ。
f0254240_15220244.jpg
鳥かと思ったらFA/18でした(笑)アメリカならでは。


# by blogpost | 2017-01-05 15:25 | 自然・景色

Fujifilm X70のレンズフード

今付けてるのはX100用のフードで見栄えはいいんですが、内臓フラッシュを使うとケラレてしまうという欠点があります。なので、仕方なくX70専用のフードと、ついでに49mmのフィルター(シルバー)も注文しました。届いたらまたカメラのポートレート撮ってみます。
f0254240_12201626.jpg

# by blogpost | 2017-01-04 12:22 | カメラネタやレビュー

陰影

f0254240_19183012.jpg
f0254240_19182946.jpg
f0254240_19183071.jpg
f0254240_19191944.jpg
f0254240_19191903.jpg
f0254240_19191847.jpg
f0254240_19195244.jpg
f0254240_19195371.jpg
f0254240_19203258.jpg

# by blogpost | 2017-01-03 19:23 | 自然・景色

X-Pro2とXF100-400mmで白鳥を試写

元日から写真撮影です。近所に沼地があり、この季節水鳥が多く訪れるので試しに訪れたら白鳥の群れがいました。年末に購入したXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRですが、まだ慣れていないのでX-Pro2にくっつけてお勉強です。
f0254240_13431187.jpg
f0254240_13431104.jpg
f0254240_13431253.jpg
f0254240_13431239.jpg
撮影データは1/1,000、ISO 2000、F8で、AF-Cはゾーンモード。OISはシャッタースピードを1/1,000に設定したのででOFFで良かったのですが、ONのままでした。上記作例はトリミング無し、リサイズのみです。

X-Pro2でAF-Cを使ったのは初めてだったのでゾーンモードを試したのですが、ワイド追随モードの方が良かったのでしょうか。でもゾーンモードでも時計回りに旋回した白鳥の群れを撮影するのに一コマもピントを外さなかったのは驚きました。ちなみに連写は3FPSで。

ミラーレスもここまで来たのか〜、と感慨深いです。月末日本に帰るので北海道まで足を運んでタンチョウヅルでも撮ってみようかなぁ。

# by blogpost | 2017-01-02 13:51 | 自然・景色

2016年のカメラのお買い物

今年も散財しましたさ。

f0254240_08084029.jpg
Fujifilm X-Pro2: 2012年にX-Pro1と18mm/35mm/60mmを発売後間も無く購入して、それまでニコン一辺倒(たまにコンタックス)だった私がフジ沼にハマってしまいまいました。でもX-Pro1は色んなイミにおいて「β機」だったと思っていて、真打ちであろうX-Pro2を待つ事4年!待たせすぎですよ・・・でもX-Pro2は待ってた甲斐あって、自分にとってほぼ完璧なカメラに仕上がってました。

Fujifilm X70: 小さいスナップシューターが欲しかったのでX100Tと比較してコッチを購入。決め手はティルト液晶です。外付けファインダーは社外製ですが、コッチの方が似合います。フードは手元にあったX100用ですが、ちょっと大きいので専用のをいずれ購入します。

f0254240_08261907.jpg

Fujinon XF35mmF2 R WR: コレですよ、コレ!X-Pro2にはこういう小さい単焦点レンズが似合います。このレンズの他に23mm F2と50mm F2を購入予定。その他の明るい大きい単焦点やズームはX-Pro系には似合わないので、X-T系で使います。ちなみにこのレンズ、ブラックとシルバーと迷った挙句両方購入しました。それくらい気に入ってるレンズなんですよね〜。

f0254240_08261943.jpg


Fujinon XF90mmF2 R LM WR: このレンズは主にポートレート用に購入したのですが、多分手持ちのフジノンレンズの中では一番シャープ。それでいてボケは綺麗ですし、出番は少ないけど特に気に入ってる一本。
f0254240_08261987.jpg

Fujinon XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR: これは自分へのクリスマスプレゼント。まだうまく使いこなせません。望遠側でピントを合わせるのが難しい・・・でもこの焦点距離の世界は初めてなので、練習します。

f0254240_08190854.jpg

来年も色々散財しちゃうんだろうな。仕事がんばろ〜!


# by blogpost | 2016-12-26 08:35 | カメラネタやレビュー

Niki

ニューヨークに住む友人がバンクーバーに来たので、豪雨のシアトルからバンクーバーまでクルマを走らせました。元々都会的な女性なのでこういう風景がとても似合います。私なら決して立ち入らない、ちょっと雰囲気がおっかない場所なんですけどね。こうやって自分では切り開けない世界を切り開いてもらえるのも、色んなタイプの友人がいてくれるおかげです。
f0254240_03132711.jpg
f0254240_03132831.jpg

# by blogpost | 2016-11-08 03:17 | 人物

Sony RX10M2退院

何故か絞りリングが回りづらくなってしまったRX10M2。感触的にはジュースなどの液体が入り込んだ感じなので、日本で修理する事に。技術料19,000円、部品代7,100円と言うことで、かなり高い修理代だったのが残念ですが、レンズの外側のパーツの丸ごと交換だったので仕方ない・・・のかな?でも以前Nikkor 70-200mm F2.8の落下事故でフィルター枠と超音波モーターの交換をした時もここまで高くなかったので、ちょっと複雑。技術料の19,000円は「分解修理が必要な場合」と言われたのですが、分解しない修理ってあるのかなぁ。デフォルトで取る技術料としては、かなり高い印象です。
f0254240_05380202.jpg
f0254240_05380795.jpg
f0254240_05380799.jpg
RX10M2に搭載されているカールツァイスブランドのレンズは24-200mm F2.8相当と言うことで、スペック上は凄いです。特にフォーカスリングの感触はかつてのマニュアルフォーカスレンズに負けませんし、絞りリングも良い感触です。それがこんなに薄い構造だったなんて、交換されたパーツを見て驚きました。

高い修理費を掛けたので、もっと使ってあげないと。主に動画で使っていますが、動画の技術的な事に詳しく無いのでもっと勉強しないといけません。




# by blogpost | 2016-09-20 05:42 | カメラネタやレビュー

イカ釣り

この季節、シアトルの都心を望むAlki Beachはイカ釣りを楽しむ人々で賑わいます。海面を光で照らして「ジグ」と呼ばれる道具で釣るんですが、結構楽しいんです。私も数年前まではやっていたんですけど、最近は面倒臭くてやってません。釣ったイカは美味しいんですけどね〜。
f0254240_13361844.jpg

# by blogpost | 2016-09-11 13:37 | 街撮り

ビアカンチキン

Beer Can Chicken、これはアメリカならでは(?)の調理法で焼かれる鳥の丸焼き料理。ビール缶に半分ビールをを残し、専用スタンドに缶とシーズニングを施したチキンをセットしてオーブンで焼くこと90分。
f0254240_13443290.jpg

f0254240_13443365.jpg

まぁ、ちょっとだけビジュアル的に独自なので品のある場ならスタンドから外して野菜などをそえて出すといいでしょう。この調理法で焼かれたチキンは皮はパリパリ、肉は肉汁ドバーで、日本から来ている義父も何度も唸る美味しさ!オススメですが、高さのあるオーブンが必要です。試せる方は是非。
# by blogpost | 2016-09-05 13:37 | 食べ物

フィルムのデジタル化

膨大な数のネガやポジをどうやってデジタル化するか、これはかれこれ15年くらい考えていたことです。今度引っ越しをする予定があるので押し入れを片付けていたのですが、ちょうどスライドのアルバムが出てきたのである実験をしてみました。
f0254240_06091689.jpg

ライトボックスは持っているのですが、引っ張り出すのが面倒だったのでバックライトにiPhoneを利用してスライドをデジカメで撮影してみました。スライドをiPhoneの画面の上に直接置くと画面のピクセルがスライドを通して見えてしまうことがわかったので、画面の上に子供の積み木を置き、その上にスライドを置いています。こうするとスライドとiPhoneの画面の間に距離ができるので、ピクセルが映り込みません。
f0254240_06091633.jpg

実験だったので手持ちで撮影しましたが、結果はかなり良いと思いました。昔はNikonのスライドスキャナーを使ってスキャンしていましたが、当時のフイルムスキャナーは1枚スキャンするのに長い時間がかかったので膨大な数のフイルムをデジタル化する事は現実的ではありませんでした。しかしデジタルカメラが高画素になり、作業の効率が上がったばかりか画質的にも特に不満は無いのでこれから機会を見つけては積極的にデジタル化していこうと思います。
# by blogpost | 2016-09-03 06:00 | カメラネタやレビュー

ブラックボディー、シルバーレンズ

F2の明るさのXFレンズにブラックとシルバーモデルが用意されているので、敢えてシルバーを選択。ブラックボディーにシルバーレンズの組み合わせって、個人的には大好きなんですね〜。F2のレンズはこれの他に23mmと50mmが出るみたいなので、楽しみにしています。
f0254240_03284897.jpg


# by blogpost | 2016-08-30 03:23 | カメラネタやレビュー

クラシッククロームを試してみる

フジのカメラの特徴でもある数あるカラープロフィール(いわゆるフィルムシミュレーション)の中でも私がデフォルトで使うのが「Provia」をベースに「シャドウ−1」と言う設定。その他はほとんど使いません。が、今日は天気が曇りだったしレトロな隣町まで散歩に言ったので「クラシッククローム | シャドウ 0 | カラー −4 | WB 5900K」と言う「シネマティック」な雰囲気の出る設定でスナップしてみました。晴れた日には似合いませんが、鉛色の空にはこんな色が似合う気がします。カメラはX-Pro2、レンズはXF 35mm F2とXF 90mm F2。
f0254240_14140096.jpg
f0254240_14140189.jpg
f0254240_14140070.jpg
f0254240_14140094.jpg
f0254240_14140186.jpg
f0254240_14140159.jpg
f0254240_14140027.jpg
f0254240_14140037.jpg


# by blogpost | 2016-08-28 14:19 | カメラネタやレビュー

カメラの肖像

ネットでFujifilm X70用のレンズフード探してて、結局X100用のにしました。だってX70用の純正品はデザインがちょっと。この2枚は同じ写真ですが iPhone 6S PlusでLightroomとSnapseedを使って加工しました。きっとそのうちパソコン不要になるんだろうな。
f0254240_07052308.jpg

f0254240_07052306.jpg


# by blogpost | 2016-08-25 07:01 | カメラネタやレビュー

娘が一歳になりました

早いもので、娘が一歳になりました。一日一日は長く感じても、一年はあっという間です。これからも周りに幸せを与えながら、元気にすくすく育ってください。
f0254240_03293344.jpg
f0254240_03293958.jpg

# by blogpost | 2016-08-24 03:29 | 人物

サンフランシスコにて

f0254240_03264849.jpg

# by blogpost | 2016-08-24 03:27 | 街撮り